医療について

怖いのはくも膜下出血だけではない

脳卒中と言えばくも膜下出血が有名ですが、患者数が最も多いのは脳梗塞になります。
くも膜下出血では激しい頭痛に襲われますが、脳梗塞で頭痛症状が出ることは多くありません。
しかし、脳の頭頂葉から後頭葉にかけての脳梗塞では、頭痛があらわれることもあります。
頭頂部から後頭部にかけて痛くなったり、ろれつが回らないなどの症状が出たら、脳梗塞を疑うようにしましょう。
脳梗塞はくも膜下出血と違い、発作が起きても意識を失うことはほとんどないです。
救急車を呼ぶかどうかの判断を迷ってしまいがちですが、処置が早いほど経過が大きく変わってきます。
手遅れになると後遺症が残る可能性が高くなるので、素早く対応することが大事です。
脳梗塞の治療方法はいくつかあります。
血栓溶解療法や血管内治療です。
どちらの治療法にもメリットとデメリットはあるので、きちんと理解しておきましょう。
脳梗塞は乱れた食生活を送っていると発症リスクが高まるので注意することです。

Copyright© 医療 All Rights Reserved.